ハンドル

メヤニを防ぎ口金などのパーツを綺麗に仕上げる助けになる離型剤

現場作業の中断時間を最小限に短く出来るスプレー噴射タイプの離型剤

ナット

一定規格のプラスチック製品などを製造する現場では、金型を使って次から次へと連続離型しないと、生産ノルマ数の製造をこなすことが出来ません。そのため、現場で人気のある離型剤と言えば、持続性があってメヤニなど余計なものが生じにくく、かつ離型効果が薄れてきたときに、現場でそれを簡単に補充できるものということになります。この特徴を全て備えているのが、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系の離型剤です。
フッ素系離型剤は、成分として含まれているフッ素樹脂が金型に塗布されて膜を張り、本来金型が持っていない非粘着性という特性を付与して、離型効果を発揮させています。フッ素樹脂塗膜による非粘着性は、膜が薄くても効果が強力なため、離型剤として働く際にも少量の塗布で強く長く離型効果を発揮します。メヤニが生じにくいため、成形物の後処理の手間も省け、更に、スプレー噴射タイプの製剤があるため、現場で適宜、離型剤の追加塗布・再塗布をする際に簡単に対応できます。
現場で使えるフッ素系離型剤としては、スプレータイプに加えて、刷毛などで塗布するリキッドタイプもあり、各々の現場で作業しやすいものを選べるようになっています。現場で使える離型剤があれば、成型作業の中断時間を最小限まで減らせて生産ノルマ達成が容易になるため、こうした製品が現場で人気を集めています。

TOP