ハンドル

メヤニを防ぎ口金などのパーツを綺麗に仕上げる助けになる離型剤

ゴム等の成形物を金型から綺麗に剥がすためには離型剤が必要不可欠

作業服姿の男性

一般の人々の日常普段の生活のなかで、ゴムやプラスチックを素材として使っている製品を目にしない日はないと言ってもいいでしょう。しかし、それほど身近な製品でありながら、その製法について詳しく知っている人はあまりいません。
ゴムやプラスチックは、製品を作る前に、まずは液状にされて、金型と呼ばれる型の中に流しこんで形を作ります。金型に流しこんで、そのまましばらく置いて冷やして固めて、そのまますんなりと金型から剥がれてくれれば話は早いのですが、実際には、金型に粘着して剥がれなくなってしまうのです。
そこで、フッ素コーティング剤を主成分として含む離型剤という薬剤を利用します。金型に離型剤を塗布しておくと、型表面のすべりがよくなり、ゴムもプラスチックも剥がれやすくなるのです。フッ素系はメヤニができにくいという特長も備えており、現場作業がやりやすい離型剤と言えます。メヤニが出たり、離型剤が成形物に転移するタイプのものは、成形物の洗浄など、何らかの後処理をしなければなりません。そうしたメヤニの処理をせず、口金をはじめとしたさまざまな製品をスムーズに作り上げられる助けになるのが、フッ素コーティング剤です。
口金を型から剥がす際にも成形物に何のダメージも与えず、かつ分離後の口金などの成形物も綺麗なままのフッ素系離型剤は、極めて作業効率がいい離型剤と言えるでしょう。

金型のメヤニ対策に効果的なフッ素コーティングの離型剤について

口金などをはじめとするゴムやプラスチック製品を製造する上での悩みの種は、金型から口金を取り出す際に綺麗に剥がせないことにあります。樹脂が金型にくっついてしまうと、口金を金型から剥がすのに時間がかかるだけでなく、金型に付着した樹脂をたびたび掃除しなければならず、作業の効率性が著しく低下します。
金型から完成した製品を剥がすときの手間を省き、作業効率を上げるために不可欠なのが、機能性の高い離型剤です。フッ素コーティングの離型剤は、金型に樹脂が付着するメヤニ対策に効果的です。メヤニが出ることを防いでくれるので、金型にメヤニがたまるたびにいちいち金型を清掃するダウンタイムがなくなります。
フッ素コーティングの離型剤のメリットのひとつは、塗布が簡単なことにあります。金型にさっとスプレーするだけで、効果も長持ちするので、成形作業の妨げになりません。もうひとつのメリットは原料となるゴムやプラスチック樹脂の特性を損ねないことです。また金型にメヤニがつかないだけでなく、製品にも汚れがつかないこともおすすめポイントのひとつです。
取り扱いが簡単で、金型にスプレーするだけ。特別なスキルが不要なので、誰にでも簡単に塗布できます。ゴムやプラスチック製品の生産に効率を性をもたらしてくれるフッ素コーティングの離型剤は、成形時のメヤニにお悩みの方にうってつけです。

製造業者の成型業務に欠かせない離型剤という薬剤について

日々の生活を支えてくれている数々の便利な製品たちは、全て特定の形状を持つことで製品として期待される役割を果たしています。口金など、この製品がこの形ではなかったら、全く役に立たないという場合は多いですし、更に、形状を改善することで機能が改善され、より良くなった口金などのパーツを使用した新製品が、一層売れゆきが良くなることもあります。そのくらい、口金などのパーツや製品にとって形状というのは大切なものですが、その形状を整えるために役立っている薬剤が離型剤です。
ゴムやシリコン、或いはプラスチックの製品に形を与える際、金型という型を使います。原材料のゴム等を金型に流し入れて内部で固めることで、製品として必要な形を整えますが、型から取り出す際にくっついて剥がれなくなることがよくあります。そのため、フッ素コーティングの原理を応用した離型剤を塗布して金型表面に非粘着性という特性を持たせ、金型から成形物を簡単に取り出せるように工夫します。
離型剤の成分はフッ素コーティング剤だけではなく、ワックスなど他のものが使われているものもあります。フッ素系離型剤にはメヤニができにくい、離型効果が優れていて薄く塗布するだけで綺麗に離型できるなどのメリットもあります。メヤニができればそれを除去するための時間を必要とするため、メヤニが生じにくいことも、少量で効果を発揮してくれることも、現場作業の生産性アップに役立つ特徴のため、特にフッ素系離型剤が人気です。


製品の製造過程で発生するメヤニを防いで口金などのパーツを綺麗に仕上げるなら【フロロテクノロジー】のフッ素系離型剤を活用しましょう!現場で塗布しやすく扱いやすいので作業効率が上がりますよ!

TOP